言葉の力を信じてる

今まで萩谷くんを見てきた中で、「度胸のある子だなあ」と思ったことが何回もある。

物怖じをしない、何にでも挑戦しようという意欲がある。

それは舞台オーシャンズ11のときもそう。あの錚々たる出演者の中、17才の最年少でステージに立ったこと。Hクリエの最終公演、まだ始めたばかりのアコギを、お客さんの前で「やりたい!」って、本当はカホンの役目だったのに、会場中に見守られながら夜空ノムコウを弾いたとき。ドリボで、あの帝国劇場で、たっぷりと自分の間(ま)をとりコント内の役を全力の狂気で演じたとき。

そして、「正式なグループになれたらいい」と言ったとき。


それは突然だった。12月9日に発売された女性セブンにて萩谷くんはこう言った。


「ぼくたちはバンドを組んでいますが、正式なグループになれたらいい」

「Jr.にもたくさんグループがありますが、正直羨ましいです。仲良しごっこがしたいんじゃなくてぼくも同じ土俵に立って、来年は戦いたいと思います。」

 

過去の雑誌を読むと、「~までにデビューしたい」「~みたいなグループになりたい」というようなことを答えていたいたのは、中学生ころまでの印象。もうJr.としての歴もある程度積んで、「デビュー出来る/出来ない」「グループに入れる/入れない」みたいなことが夢や理想ではなく生々しく感じてしまう今日この頃、グループに所属していない萩谷くんがどんな想いでいるのか、そんなことは知る由もないと思っていたけれど、このタイミングで本人の口からそんな言葉が聞けるとは思いもよらなかった。それに、Jr.という不確かな存在において、いつの間にか目の前から消えてしまうのではないかという不安とは常に隣り合わせにあるので、この言葉がとても心強く、頼もしく感じられた。

けれども、「正式なグループになれたらいい」と、想像する限りでのそのメンバーと、ファンが、みんな同じ思いでいるわけではない。そのアイドル自身が誰とデビューしたいのか、はたまたグループとしてのデビューを望んでいるのか。そしてファンは誰とのデビューを望んでいるのか、それとも……と考え出したらキリがない。そしてその全てを平等に叶えることはたぶん不可能なことも分かってる。それぞれがそれぞれの力ではどうにも出来ないような別の事情を抱えている(であろう)なかで、ついに萩谷くんは自分の気持ちを言葉に変えて、何も恐れずまっすぐ放った。

今までデビューを夢見たたくさんのJr.の中でその夢を叶えた人はどれくらいだろう。叶わなかった人がどれほどいただろう。そんな、夜が明けるまで考えたって消えることのない途方もない不安や、叶わなかった時の絶望も顧みず、萩谷くんは言葉にすることを選んだ。きっと、前しか見てない。

そして、ライバルであり仲間でもある、今まで一緒にステージに立ってきた同年代のJr.が次々とグループに所属し、オリジナル曲を歌っている姿はきっと萩谷くんの目に眩しく映っただろう。眩しくて、眩しくて、でも自分にはそれがないことが、どうしようもなく悔しくてたまらなかっただろう。「羨ましい」と、言葉にする悔しさ。それをも厭わない。

私はそんな萩谷くんを「強い」と思った。勇気がある、傷つくことを恐れない。"素直"であることが、これからも萩谷くんにとっての大きな武器となる。

萩谷くんの持つ言葉の力を、信じてる。