*[ジャニーズJr.]そんなのずるい

 

センスがいい

 

HクリエのVIVID、Break Out、PARTY MANIACSを観た後にそう思った。

 

なぜそう思ったかという理由はもうたくさんあって、ここからはしばらく私の主観と好みで続けさせていただきますが。長い。

 

まず一つ目は「センスのある選曲」

 

VIVID/藤井流星小瀧望

 

普通、あのVIVIDを、望と流星いわゆるツインのために作られたような曲でしかもあのふたりにしか歌うことを許されない気がして簡単には近づけないようなこの曲を、Jr.がやれるだろうか、、?

中途半端なパフォーマンスでは許されない。それはこの曲が初披露されたなにわ侍ハローTOKYO!!*1という舞台にバックとしてついていた本人たちが一番よくわかっていると思う。それでもやると決めたのはやっぱり需要を見込んでのことかな。

5/23Hクリエの初日、レポが回り始めると、多くの人がVIVIDに沸いていた。それはWESTのファンも同じで、「見てみたい」という声が多かったし、ツインですらまだコンサートで披露したことのないこの曲を、クリエでJr.がやってしまって大丈夫かな…という心配も無用で、まさにVIVIDの需要を感じたし、誰も近づかなかった大穴の曲だったんだなと思った。

 

VIVIDをやりたいと提案したのは萩谷くん。デュエットの曲はたくさんあるし、かっこいい曲もたくさんある。だけど奇しくも、ツインという永遠で圧倒的シンメの曲を、はぎやすでやるという結果的に意味があるように感じてしまえるこの曲に萩谷くん自身が運命のごとく引き寄せられてしまったんじゃないかなあなんて。

 

 

Break Out/ジャニーズWEST

 

この曲を選んだ経緯としてはまず、「この4人(安井、萩谷、翔希、美勇人)といったらなにわ侍」に行き着いたことは容易に想像がつくところ。

ただ自分たちがやりたい曲、というのも良いけど、ちゃんと「この4人がやる意味」、みたいなものがあって、そういう選曲の仕方はほんとうに信頼出来るなあと思った次第です。

で、たぶんなにわ侍のセトリから選んだはずだから、きっと打ち合わせの段階ではCriminalも候補として挙がったんだろうな。でも選んだのはBreak Outで。Criminalに比べると、踊るというより存在感で魅せるタイプ。さらにラップもあって、後半の踊るPARTY MANIACSと区別する意味でBOを選んだのだったら大正解だと思う。ちなみにはぎやすVIVIDの後にBOという流れ、セトリの組み上手かよ…!!って唸るほど最高だった。

 

 

PARTY MANIACS/ジャニーズWEST

セトリを見たとき、よくこの曲を選んだなー!ってまあ驚いた。

だって、このパリマニが収録されたアルバム「パリピポ」の発売日は4/22、このアルバムを引っさげたコンサートの横アリ公演にはぎもろみゅで行ったのは5/5、Hクリエ初日が5/23。

アルバムが発売された時点で聴いていたのかは分からないけど、後のドル誌で安井くんは「流星の泊まっているホテルの部屋に遊びに行ったとき、見せてもらったパリマニの映像でこれだと閃いた」と言っていたので決定打を打ったのはたぶんパリピポ横アリ公演の5/4〜6の間なはず。

とはいえこのわずかな期間で振りつけてクリエで披露するなんて、まさかそんな。パリマニ自体まだコンサートでしか披露されていなかったので、認知度は圧倒的に低くて。実際にアルバムを買って聴くか、コンサートに足を運んで観た人でないと知らない曲だと思う。それをJr.のみのステージでやるなんて絶対に不利。

それでもこの曲を選んだということは、知っているから盛り上がれるとか知らないから盛り上がれないということではなく、「知らなくても盛り上げられる」という確実な自信と意気込みがあったのだろうなあ。

なんでそう思えるかって、本家の盛り上がりが尋常じゃなかったから。もう一曲まるまる、登場から終わりまでずーっと歓声、歓声。あれを観てしまって、かっこいいと震えないはずがないし自分たちでも魅せてみたいと思うのはむしろ自然なことだと思う。パリマニに関しては他のチームと一味違う、選曲のセンスがひときわ光っていたところ。

 

 

二つ目は「演出のセンス」

 

前述したとおり、VIVIDの後にBO。この流れがもう最高によかったわけで。

はぎやす二人がラストの「どこまででもVivid baby~」の絡みで会場のボルテージを最高潮に上げると次に流れてくるのはBOのイントロ、もうこの時点でVIVIDへの歓声、BOへの歓声両方が混じってクリエが溶けるような熱気。ここからはほぼ記憶がないくらい、とにかくかっこよくて、唯一覚えているのは終盤、ステージ前方で横並びになった4人に一人ずつピンスポを当てるという演出。まっすぐの光が上からひとりひとりをきれいに照らしていて、後のMCで安井くんがこの演出を「かっこよかったでしょ!?」と嬉々として喋っていたけど、ほんとうに美しくもかっこよくて、さらに強い。魅せ方をよくわかっているなあとまたここでもセンスを感じさせられた。

 

PARTY MANIACS

 

パリマニに関しては、思い出すだけで血が沸き立つレベル。

私の乏しい語彙力では上手くあらわせられないのが悔しいけど、もう、とにかくすごい。圧倒的に魅せられてしまってしばらくは抜け出せなかった。

 

横アリ公演、WESTによって披露されたパリマニ、この曲の盛り上がりは相当なものでファンからの人気もひとしお。
セトリとしては後半に持ってこられていて、曲が始まる前には映像による煽りを何度も行い、焦らして次の曲への期待をどんどん高めるような演出。コンサートのメインだった。

 これが、謎4バージョンではみゅうとのアクセントダンスのあとにパリマニといった構成。これもまさに次の曲への期待をじわじわと高めさせるような演出で、さらにセトリでは後半。もう、これをメインと言わずに何をメインと言えようか。

アクセントダンスが終わりそのままパリマニのイントロが流れてくると、みゅうとによる英語での煽り(神ちゃんパート)、そしてステージ上段では頂点の玉座に鎮座するようにして安井くん、その一段下がったところ、側近のようにして萩谷くん、しょうきがスタンバイ。もうこの時点で文句のつけようがない圧倒的な存在感にのけ反りそうなほどで、すぐに「これは間違いない…!!」と確信した。

その確信はやっぱり勘違いなんかじゃなく、曲の終わりにかけてますます加速していくばかり。本家はどちらかというとそのスタイルや存在感で魅せるもので、踊りまくる!というパフォーマンスではなかったんだけど、よくこんなにもパリマニの世界観を壊さず振り付けしたなあという感じ。フォーメーションも目まぐるしく変わるしステージ上を駆け巡りそりゃあもう踊る踊る。目を疑うほど踊りまくっていて何より気迫と勢いがすごい。これだけ気合いを入れて作りこまれたものならパリマニもしあわせだよ…とよく分からない目線になってしまった。

振りも「ここは本家のままであってほしい…!」ってところはそのまま残していて、この本家そのままの振りの残し方が本っ当に完璧で、すごく勘の良い人たちだなあと感心した。むしろここさえ押さえておけばパリマニとして間違いない、みたいなところをしっかり汲み取って。(横アリではCO2の噴射が印象的だったんだけどそれも踏襲されていた)それだけでなく、ちゃんとアレンジもされていたからただのものまねにならず、完全に謎4バージョンのパリマニになっていた。

 

そして何がよかったって、4人が4人ともすごく高いパフォーマンス力だったんだよなあ。それぞれがそれぞれのステージで培ってきたものがひとつのステージ上で一気に放出されてしかもちゃんと4人のパフォーマンスになっている。この4人がグループでもなんでもないなんて何の罰ゲームだろう。

 

 

三つ目は「パート分けのセンス」

 

VIVID

 

望パート→安井くん(ピンク)

流星パート→萩谷くん(青)

ってなんだこの天才……思わず天を仰ぐしかない。

 

安井くんがのぞむだし萩谷くんが流星なのわかるわかるわかりまくるよ!安井くんの歌に合わせて萩谷くんが「びびびびっすぱーく!」大正解。内部に需要を分かりすぎている人がいるぞ。

 

 

Break Out

 

はぎみゅの「Let's Break  Out!」を合図に怒涛のラップ。「乱れた~」からは階段上がったステージの上手下手からやすもろが登場して淳太くんパートは安井くん、照史くんパートがしょうき。「あざ笑え」の上ハモはしょうき、そのあとの嘲笑は安井くん。その後のりゅかみはまラップははぎみゅ。

はあ、完璧すぎてため息が出る。何の違和感もなく、完全に完成されているものだった。

 

PARTY MANIACS

 

大サビ前の「We're PARTY MANIACS」がソロで4回続くところ。

一回目、息と声半分半分で若干囁くような重岡さんパートがみゅうと。

二回目、語気を少し強めながら歌う神ちゃんパートが萩谷くん。

三回目、完全に囁くように言う流星パートが安井くん。

四回目、曲の終わりにかけて一気に会場のボルテージを上げるような照史くんのフェイクがしょうき。

 

この歌割りが誰によってどのように決められたのかは分からないけど、寸分の狂いなく各人にぴったりとハマっていて感動すら覚えるほど気持ちいい。しかもしょうきのハリのあってよく伸びクリエに響き渡る強いフェイクがまあ絶品だこと、、照史くんに勝るとも劣らない。また聴きたいなあ。

 

 

選曲、演出、歌割り、すべてが相乗効果で見ている側にストレスのない、それでいてちょうど気持ちよく盛り上がれるポイントを突いてくる。なんだこのセンスは。軽率に、この4人がつくる横浜アリーナでのコンサートが見たいと思ってしまった。そんなこと、思わせといてグループでもデビュー組でもないなんて、責任とってよなんて言えない悔しい。ほんと、これだからジャニーズJr.はずるいよね…!!!!

*1:ジャニーズWESTが7人でのデビューを発表した舞台