読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春

8/15、私とあの5人の夏が終わりました。

 

ひとまずはチーム者のみなさん、短い夏だったけど本当におつかれさまでした。

大好きで、最高な5人です。

 

ガムシャラ サマーステーション8/15夜、これがチーム者最後の公演となりました。

 

パフォーマンスバトルは先攻がチーム覇。

新しい大技を成功させ、会場はものすごい歓喜に沸きます。

 

そんな空気も関せず、チーム者の映像がモニターに流れ始めました。

この時点で、尋常じゃない緊張感がEXシアターを覆います。観ているだけの私ですら呼吸の仕方を忘れる程の緊張感でいっぱいだったのに、演じる5人のプレッシャーなんて想像もつきません。

いつもはこの映像終わりで者のメンバーがステージに登場しパフォーマンススタートとなるのですが、今回に限っては映像の終盤に差し掛かると5人はまだ真っ暗なステージの中央に集まり、円陣を行います。会場は、者の気合いにこみ上げる感情をもらすような感嘆の声に包まれました。言葉はよく聞こえませんでしたが唯一聞こえてきたのは「笑顔で」という言葉。そう、チーム者の演目は「"ファン"カッション」。合言葉は「笑顔」です。

 

その言葉通り、パフォーマンスがスタートするとそこには5人の笑顔とリズミカルな打楽器の音が広がり、萩谷くんのドラムの音に乗せて他4人が同時にスティックを天高く投げ、それを抱えたバケツでキャッチするという最近取り入れたばかりの技が無事成功すると、その勢いに乗って煽る煽る。一緒に参加しているみたいでとっても楽しいんですこの煽り。萩谷くん、挙武くん、元太くんの3人ドラムもしっかり音が揃っています。じぐのダブルストロークも大盛り上がり。そして最後の大技、スティックスロー。円になった5人が同時にスティックを投げてはキャッチ、投げてはキャッチ、これを4回も繰り返します。4回もです。祈るように見つめ、1回…2回…3回…4回…!大成功!!!ラストの決めポーズも、これまでで一番の、きらっきらに輝く笑顔…!会場も、最高の熱気に包まれました。

 

パフォーマンスが終わると、5人は今までにないくらい清々しい笑顔で意気揚々と肩を組んでステージに戻ってきました。それはそれはうれしそうな笑顔で。

「今までで一番完成度高かったよね!」と萩谷くん。

じぐも「初めて完成形を見せられました!」と興奮気味に。

 

そしてついに客席からの声の大きさを測るデシベル投票。

チーム者のデシベル票を測る直前、じぐは4人の方を向き、何かを伝えました。

すると、みな一斉にマイクを置き、5人でぎゅっとかたまり、「お願いします!!!」と、地声で叫び始めたのです。本気だ、本気で勝ちにきてる、と思いました。

結果は覇112dB、者115dBで一歩リード。

 

さらに大事なのはここから。Jr.投票です。

勝つためには6個の票(ボール)獲得が必須。ここで勝たなければ、決勝戦には進めず、今立つそのステージがチーム者として最後のステージになってしまいます。ひとつふたつと数えていき、5個目のボールはじぐが引くことになりました。

箱の中に恐る恐る手を入れる。そして箱から取り出した手にはボールが………ない。箱を持っていた萩谷くんは焦り、「そんなことない!あるよ!ある!」と、もうボールがないことなんて箱を持っている自分が一番最初に悟っていたはずなのに、どうしても信じたくなくて、何かの間違いでも入っていて欲しくて、必死の形相で思わずじぐの腕を力強く掴み、その手を箱の中にもう一度入れるよう引っ張りました。でも、やっぱり、ボールはなかった。

一気に脱力し呆然とする者のメンバー。元太くんは膝から崩れ落ち、全員言葉も出ず、ただただ受け入れられない事実に萩谷くんは「こんなはずじゃなかった…」と何度も何度も何度も呟きました。「こんなはずじゃない」、決勝に行くはずだった。何度も勝つと誓った。みんなが脱力する様を目の当たりにして、私はふと28日夜の大敗の記憶が頭をよぎりました。

 

しかし、今回は少し違いました。次の会話を進める覇のメンバーから挙武くんが「羽生田はどう思う?」と振られた時、ショックのあまり会話の内容が上の空で聞き返してしまいましたが、その後はいつもの挙武くんの調子で返し、笑いが起き、おかげで者のメンバーに少しの笑顔が戻りました。ショックで何も考える余裕なんてなかっただろうに、しっかりと返していて、その時のチーム者は大敗した時とはまるで違う、もっと強い5人に、「チーム」に、成長していたのです。

前回の 者覇公演で安井くんから「MCは一番端にいるとやりやすいよ」とアドバイスを受けその教え通り、仕切りをするために最上手の一番端に立っていたじぐは、しばらくショックで言葉が出ませんでしたが、一人で戦っていたわけではありません。まだ戸惑いを残しながら、それでも気丈に振る舞い、自分の代わりにしっかりと言葉を返してくれる、萩谷くんがいました。困った時には支えてくれる、メンバーがいました。

その後も萩谷くんは今にも泣きそうになっている隣の元太くんをそっと背中で隠し 、元太くんも萩谷くんの心意気に身を任せてそのまま静かに隠れて溢れる感情を落ち着かせていました。

でもそんな萩谷くんを褒めてくれる人もちゃんといました。「萩ちゃん成長したよね!」と、言ったのは他でもなくチーム覇の安井くんです。(安井くん、いつも見守っててくれてありがとう泣)

 

そしてMCは終わり、数曲挟むと、チーム者メドレー。まずはじぐのソロ曲から。

「負けてしまいましたね…悔しいっすね……。でも僕たち、悔いは誰ひとり残ってないんです。…全力でやれたんで。……これが、チーム者ラストの曲だと思いますけど、聴いてください、青春。」

目に涙を浮かべながら、ゆっくり言葉を選びながらそう言うと、最後のチーム者メドレーが始まりました。

勝って嬉しい日も、負けて悔しい日も、全力で歌った青春。むしろ、負けて悔しい時の方が多かったと思います。それでも来る日も来る日もこの詞を歌い続ける、心がどれほど強いかってそんなの計り知れません。

イントロが流れると、もう感情は溢れてしまい、でも涙はこぼさないように必死に歯を食いしばりながら歌います。それでも溢れてくる感情は止められなくて、「間違いだらけの空に」と歌いながら、言葉は詰まり、必死の表情でマイクから顔を背けました。涙は流れてないかもしれないけど、心の中ではもうきっと大号泣だったと思います。泣きながら、「負けた者たちの泣き言はひとひらの枯葉さ」と歌うのはあまりにも苦しい。 会場中がその姿に心を打たれて、観ているだけで辛かった。でも、最高に美しかったんです。ひとりの17歳の少年が、涙を堪えながら感情をぶつけるようにして「青春」を歌うその姿が。

そして青春を歌い終えると田島くん、挙武くんも加わってのLOCK ON。

その次が萩谷くん、元太くんのSing for you。二人がステージ上段に登場し、まだ照明が当たる少し前、涙目の元太くんに気づくと萩谷くんは元太くんの頭を抱えてぽんぽんと慰めるようにしました。これが最後のSing for you。元太くんは最初涙声で歌いながらも、とびっきりの笑顔で、明るいダンスで、萩谷くんと仲良く魅せました。正真正銘のアイドルです。

メドレーラストのLIPSは5人で目一杯、全てを出し切るように歌い、「本当に今までありがとうございました!!」と大きな声で感謝の言葉をつげ、チーム者メドレーをしめくくりました。

 

そしてうれしいサプライズが。

真田くん中心に組まれたさなじいバンド、そこではいつも萩谷くんがドラム、じぐがギターとして参加しているのですが、この時ばかりはチーム者のメンバー全員をステージに呼んでくれたのです。本当に本当にそれがうれしくって、会場からも大歓声が上がりました。

真田くんは、「この曲で全部晴らしちゃってください。では、ここまで頑張ってきたチーム者のみんなとチーム者のファンのみんなに贈ります、Oh Yeah!」と、素敵な言葉を添え、流れる曲はOh Yeah!という、今歌うにはあまりにもエモすぎる曲でチーム者の健闘を讃えました。

 

驚いたのは、出てきた挙武くんの目が潤んでいたことです。もちろんOh Yeah!は笑顔を見せつつ歌っていました。でも次の夜空ノムコウ、いつも自分のパートでおちょけて、周りを笑わせるのが挙武くんの定番だったのですが、その時ばかりは淡々と歌っていて。きっと、者のなかで一番イジリやすいポジションだし、挙武なら面白いことをやってくれるという期待もあってか、負けを知って呆然と立ち尽くす中者のメンバーで一番に話を振られて、いつもの挙武くんに戻ろうと、みんなを笑わせていたけど、本当は辛くてたまらない気持ちを押し殺して、必死だったんだろうなあと苦しい気持ちになりました。

田島くんは割と穏やかな、でも寂しさを心の奥に押し込んだような表情でした。負けと分かった瞬間、ショックに打ちひしがれるような表情をしていたものの、静かに負けを受け入れる姿が印象的でした。

萩谷くんは表情が少しかたくて、たぶんこみ上げてくるものを堪えていたのかなあ。でも最年長だから、そこは我慢。風 is a Doll?であんなに泣いていた人だとは思えない頼もしい姿。本当に偉かったなあ。

 

そして、曲の途中で者の4人が上手でドラムを叩いていた萩谷くんの元に集まり、最高に煌めくこの夏一番眩しい 笑顔で歌ったときは、5人が輝けば輝くほど、ああ本当にこれでチーム者は終わりなんだということを痛いほどに実感してまた感傷的になる他ありませんでした。ギターじぐの定位置はいつも下手なのですが、今日だけは、ひとり萩谷くんのそばに残って弾き続け、残り少ないチーム者としての時間を惜しむように、最後まで一緒に歌ってくれました。萩谷くん、うれしかっただろうなあ。

 

ラスト全員登場の完全マイウェイ、BAD BOYSでは、いつも以上にバックのJr.と絡んでみたり労をねぎらい合ったり肩を組んだり。終わってしまうのはチーム者としてのステージだけでなく、これまでずっと一緒に盛り上げてきたバックのJr.とのステージもそうなんだなあと思ったらその姿が本当に切なくて、でもそんな行動ができるチーム者のみんなは本当に素敵だなあと思いました。

最後はもちろん、チーム者みんなで暴れまくって歌いまくって全てを出し切り全曲を終えました。

Wアンコールで出てきた時は挨拶のみでしたが、チーム者のみんなは口々に「明日からは緑のペンライトを黄色にして応援してください!」「俺らの分まで優勝してください!」「負けた相手がチーム覇でよかった!」と、一切のけがれのない純粋な気持ちと言葉でチーム覇の健闘を祈り、本当に清々しい表情でステージを去っていき、チーム者の夏は、会場からのたくさんの大きな拍手とともに幕を閉じました。

 

 

16歳、17歳、18歳という、一番儚い時期の、一番煌く季節を捧げた5人。最後の挨拶で、神宮寺勇太くんが言っていた言葉がこの夏の5人のすべてだったと思います。

 

「苦しいことも悲しいことも全部含めて青春だった」

 

 

チーム者のみんな、一生忘れられない最高の夏をありがとう!!