読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな名前のジャニーズ10選

最近何かと「~なジャニーズ10選」というものが流行っているけど、私はそれらを読むのが好きです。
そしてその中でも特に興奮したのがこれ、
 

「好きな名前のジャニーズ10選」

 
なっなにこれ…!タイトルを見ただけでも血が沸くようなお題!
私は何てったってそのアイドルの、「名前」が大好きです。その名前を生きるために生まれてきたかのような、この人にはその名前意外の人生ありえない、と思えるものはたまりません。
 
 
流行りに乗っかりさっそく本題へ
 
 
 
 
10位 大野智-おおの さとし(嵐)
濁点がない名前に憧れる。あと個人的に男の子なのに下の名前が一文字だったりすると「おっ」ってなります。「おおの」の響きはまったりとしているのにくどい印象になっていないのはちゃんと「さとし」というあっさりとした「さ行」の響きで締められているからでしょうか。昔っから見るたびにいい名前だな…と思う。
 
9位 小瀧望-こたき のぞむ(ジャニーズWEST)
のぞむの自己紹介を聞くのがスキすぎてスキでスキなだけ。個人的には「好きな食べ物はいちごです♡」って言うより「こたきのぞむですっ♡」って言う方が断然かわいいと思ってる。「小瀧」は名前に「龍」が入っていてかっこいい印象なのに、最後が「む」で終わる口の形と響きが最高で、同じ「む」で終わる名前でもはにうだあ"む"には強い意志を感じるし、こたきのぞ"む"にはホイップクリームが乗っかったようなあまいかわいらしさを感じる。
 
8位 永瀬廉-ながせ れん(ジャニーズJr.)
他にも「れん」を表す漢字はあるけど、れんれんにこの漢字当てはめたことに間違いはないし、「廉」と呼ばれることが本当によく似合ってる。個人的には「ら行」ではじまるとこもポイント高め。
 
7位 森田美勇人-もりた みゅうと(ジャニーズJr.)
手書きで紙に書いた時が最っ高〜〜にかっこいいんだ。「美」も「人」も末広がりで字のバランスが良くキマる。無駄に「はらい」を力強く書きたくなる。でも口に出すと「みゅうと」っていう柔らかくてかわいらしい雰囲気さえ感じるからふしぎ。あとはもう何より本人が「美勇人」なんて高いハードルの名前を生きれるビジュアルを持った選ばれた人間だってことがすごい。
 
6位 諸星翔希-もろほし しょうき(ジャニーズJr.)
下の名前を呼び捨てで呼びたいジャニーズナンバーワン諸星翔希くん。(私調べ)「しょうき」の響きが何ともあまくてくすぐったいし、幼なじみになって「しょうきー!」って呼びたい人生だった。漢字も「翔」の男の子っぽさと「希」のきらきら感が絶妙で、「しょうき」に漢字を当てはめるとき、たぶん数え切れないくらいの漢字の組み合わせがあったと思うんだけど、この漢字の組み合わせを選んだことに心の中でスタンディングオベーションが止まらない。あと「星」「翔」「希」の並びが嘘みたいに美しすぎない…?
 
5位 佐藤勝利-さとう しょうり(Sexy Zone)
やっぱり名前って苗字も下の名前も強くてかっこよければそれでいいわけじゃなくて、バランスが一番大事だと思うんです。…いやそれにしても「佐藤」「勝利」て。均衡の取り方がすごい。勝利の異常なまでの「佐藤顔」じゃなさもおもしろいし、でもこの顔で18年間「佐藤くん」として生きてきたんだな…と思うとなんだかグッとくるものがある。たぶん名前の神さまが100年にひとり「勝利」という名を与える子を探してその使命を背負わせるんだけど、この子を見つけた瞬間はさすがの神さまも震えたろうな…
 
4位 松島聡-まつしま そう(Sexy Zone)
「まつしま」の4文字に「そう」の2文字…!メリハリ良し、締まり良し。名前が「聡」ってちょうかっこいい…………………………(盲目)「松島」にいちばん良く合う名前って日本中探しても「聡」しかないよね。
 
 3位 藤井流星-ふじい りゅうせい(ジャニーズWEST)
これ説明いる?ってぐらいその名前と顔だけで説明十分でしょう…顔に説得力ありすぎ。そしてこの名前がいちばん輝ける瞬間は他でもなく隣に「小瀧望」の3文字が並んだときっていう出来すぎた事実に宇宙みたいなロマン広がる。「望みを叶えるには流れ星が必要なんや…!」嘘…ここは少女マンガの世界なの……?
 
2位 阿部顕嵐-あべ あらん(ジャニーズJr.)
「顕嵐」なんて名前の子初めて出会ったし直感で惹かれた記憶がある。まだ黒髪で幼く、今より「顕嵐ちゃん」という呼び方が多かった頃、この名前の響きが似合うかわいい笑顔の子だなあと思ったけど、17歳になって色気やオトナのかっこよさが滲むようになってからはさらにこの名前や漢字が様になったなあと。たぶん本人もこの名前がすごく好きなんだろうなーと随所で思う。まずイニシャル「A.A」の時点で勝ってる…。
 
 1位 萩谷慧悟-はぎや けいご(ジャニーズJr.)
スーーーーーパーーーーー好きすぎる。声に出して読みたい日本語萩谷慧悟。漢字、語感、響き、全部が気持ちの良い絶妙なバランスで構成されていて、個人的にはこんな好きな名前に出会う季節二度とないです。たぶん、最初に名前から出会っていたとしても200%好きになってた。学校のクラス替えで配られた新しいクラスの名簿に「萩谷慧悟」なんて見つけたら真っ先に周りを見渡して「どんな人だろう…」って探してた。それくらい好き。
まず「はぎや」の「はぎ」の響きのささやかなかわいらしさと涼やかな奥ゆかしさ、それでいて下の名前が「けいご」という濁点で締める力強さ、かっこよさ。全体的に主張が激しくなく謙虚なのにそこには確かな強さや聡明さが感じられると思います。あと、画数の多い漢字がひとつ入っている名前が好みでその効果は大きく、ぱっと見でも印象に残り良いアクセントになっている気がする。「慧」も「悟」も、どちらも「さとる」という意味を持っているなんて好きだ好きすぎる…。普段は「萩ちゃん」とか「萩谷」って呼ばれることが多いから下の名前は意識されないけど、ふと「下の名前慧悟なんだよな…」って思い出したときの爆発的ときめきエモーションたるや宙をも飛べる気分。
 
 
 
 
結果的にただ私の好きな人集めましたみたいな感じになってしまったけどたぶん、自分の中で、人を好きになるにあたってその人の名前ってすっごく重要で、好きな気持ちに大きく影響しているんだと思う。
みんな、素敵な名前を授けられて、それはきっとアイドルとしての大きな武器にもなっているんだろうなあ。